ハーメルンの笛吹き男

グリム兄弟『ドイツ伝説集』より ハーメルンの笛吹き男
原作:グリム兄弟
絵:リスベート・ツヴェルガー
文:レナーテ・レッケ
訳:池田香代子
出版:BL出版 2010年3月25日第1刷 2015年9月1日第2刷
30cm×25cm 25p
町に、ねずみが大量発生し、人々が大変困っていたところ、ある男があらわれ、ねずみ退治をしますよと。
人々は、男に依頼しましたが、約束通りの黄金を支払いませんでした。
怒った男が再びあらわれ、今度は130人もの子どもが消えてしまった。
グリム兄弟の『子どもと家庭のメルヒェン集』ではなく、『ドイツ伝説集』全2巻に収められている「ハーメルンの子どもたち」の物語を、ツヴェルガーの謎めいた絵が不安感を増します。
昔話は「むかしむかし、あるところに…」で始まりますが、このお話は、1284年6月26日、ハーメルンで、と具体的な日付も場所も伝えられてますので伝説ですね。
子どもが大量に消えてしまった事件が、あったのだと考えられますが、実際に何が起きたのか、決定づける記述などはなく今も謎のままです。

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • レターパックプラス

    追跡サービスがご利用できます。配達員より手渡しでお受取りいただけます。

    全国一律 510円
  • ゆうパケット

    追跡サービスがご利用いただけます。郵便受けに届きます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。