ふれる社会学 | 絵本のこたち

1/1

ふれる社会学

¥1,980 税込

¥11,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

ふれる社会学

編著:ケイン樹里安、上原健太郎
北樹出版 2019年11月20日初版発行 2020年1月20日第2刷 154p

ふれる社会学っていうタイトルが面白い。
社会学にふれる、ではなく、ふれる社会学。
そもそも社会学ってなんだろう?
思いつくのは、フェミニズムとかジェンダー論とか。
『ふれる社会学』のコンテンツは、スマホ? 飯テロ?
それって、学問のテーマになるの? 

社会は人と人との繋がりで出来ている。誰もが知らず知らずに影響を受け、影響を与えている。時には生きづらいと感じ、時には傷つくことがあっても、そういうものだと受け入れてる。
でも、本当に「そういうもの」だろうか? よりよい社会に変えることは出来ないものだろうか。
『ふれる社会学』は身近で現代的なテーマを掘り下げた社会学の入門テキスト。誰もがどこかの章で、このテーマは自分のことだと感じられると思います。社会学を専攻していない人も、そうか、こういう風に社会を見るのかと視界が広がるでしょう。

Contents
第1章 スマホにふれる(ケイン樹里安)
第2章 飯テロにふれる(菊池哲彦)
第3章 就活にふれる(上原健太郎)
第4章 労働にふれる(上原健太郎)
第5章 観光にふれる(八木寛之)
第6章 スニーカーにふれる(有國明弘)
第7章 よさこいにふれる(ケイン樹里安)
第8章 身体にふれる(喜多満里花)
第9章 レインボーにふれる(中村香住)
第10章 「外国につながる子ども」にふれる(金南咲季)
第11章 ハーフにふれる(ケイン樹里安) 
第12章 差別感情にふれる(栢木清吾)
第13章 「障害」にふれる(佐々木洋子)
第14章 「魂」にふれる(稲津秀樹)
第15章 100年前の社会学にふれる(ケイン樹里安・上原健太郎)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (135)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品