Item

二番目の悪者

二番目の悪者
二番目の悪者
作:林木林
絵:庄野ナホコ
小さい書房 2014年11月26日第1刷 2019年2月第5刷
21cm×14.8cm 64p

見事な金のたてがみを持つライオンは、自分こそが次の王にふさわしいと考えていた。
しかし、人々の話題にのぼるのは、親切で優しい銀のライオン。焦った金のライオンは、銀のライオンの悪い噂を流し始めた。
最初は誰も信じなかったのに、噂に惑わされ、ついには…
どうして、真実を確かめようとしなかったのか、自分で考えようとしなかったのか。すべては自分に降りかかる、これは、現代の寓話。
¥ 1,540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円

※11,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

関連商品

  • 梨の子ペリーナ 梨の子ペリーナ ¥ 1,760
  • ぼくはアイスクリーム博士 ぼくはアイスクリーム博士 ¥ 1,430
  • ばけくらべ ばけくらべ ¥ 990

ショップの評価

  • ゆうかんなアイリーン

    ゆうかんなアイリーン

  • ようせいたちのもり

    ようせいたちのもり

    遅くりなりすみません、届きました✨ありがとうございました🌈可愛いです✨

  • それでも、日本人は「戦争」を選んだ

    それでも、日本人は「戦争」を選んだ

  • マルをさがして(サイン本)

    マルをさがして(サイン本)

    絵によって不安感が煽られ、でも最後はほっこりして、いいお話でした。すべて白と黒と赤だけで描かれていて、どこか懐かしさを感じます。

  • 詩ってなあに?

    詩ってなあに?

    どうぶつたち(友だち)に「詩ってなあに?」とたずねていくというストーリーそのものが素敵でした。 身のまわりの物・事がもうすでに詩なんだと思うだけで、なんだか世界が広がったような気がします。

  • 雨ニモマケズ Rain Won't

    雨ニモマケズ Rain Won't

    あとがきを読んで、単に『雨ニモマケズ』を翻訳したのではなく、宮沢賢治が過ごした故郷についてや、その時代の環境と今の日本の生活環境との比較について考えたうえでこの本を作ったのが伝わりました。作品・作者への愛を感じます。 描かれている絵も、自然豊かな風景の中にいろんな生き物が溢れていて、とても素敵でした。じーっと見ていられます。

  • よんひゃくまんさいのびわこさん

    よんひゃくまんさいのびわこさん

  • さよなら、男社会

    さよなら、男社会

    封を開けたら薄紙で丁寧にカバーしてありました。本を大切にする思いが伝わりました。 書籍内容はコレから読み進めますが、まずは開封した時の嬉しさが倍増したのでこちらにレビュー致しました。

  • 本を読めなくなった人のための読書論

    本を読めなくなった人のための読書論

  • しりとり

    しりとり

  • きつねが ひろった イソップものがたり 1

    きつねが ひろった イソップものがたり 1

  • 魔女のシークレット・ガーデン

    魔女のシークレット・ガーデン

  • ものがたりの家

    ものがたりの家

    注文から即日発送していただきすぐに届きました。 迅速に対応していただき、ありがとうございました! またぜひ利用させていただきます。

  • ふしぎなえ

    ふしぎなえ

  • 二番目の悪者

    二番目の悪者

  • さよなら、男社会

    さよなら、男社会

    読んでみたい……と興味をひかれた本。紹介していただけて良かった。良い出会いをしたと感じています。

  • ドイツの子どもの本

    ドイツの子どもの本

    いつか買おうと思い続けていた一冊。大切にします。

  • ロザムンドおばさんの贈り物

    ロザムンドおばさんの贈り物

    もったいなくて少しずつ読んでいます。 とても心の深いところに届く物語たち。

  • ペピーノ

    ペピーノ

    あっという間に届いてびっくりしました。年末のお忙しい中、ありがとうございます。 ずーっと気になっていたこの本、予想を超えて二転三転。気がついたら物語の世界へ引き込まれていました。読み終わった後も、しみじみ考えさせられます。 出会えて良かったです。ありがとうございました。

  • 銀の匙

    銀の匙

    初めての読書会で印象に残っていた物語。挿絵が入って、より味わい深くなっている気がします。 上質な一冊、という感じ。