ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家

ルイーズ・ブルジョワ 糸とクモの彫刻家
文:エイミー・ノヴェスキー
絵:イザベル・アルスノー
訳:河野万里子
出版:西村書店 2018年10月23日第1刷
27.5cm×22cm 40p

ルイーズ・ブルジョワ は、1911年のクリスマスに生まれ、パリの南の川辺の大きな家で過ごしています。家の庭で夜空を眺め、流れる川の音色に包まれて育ちました。両親はタペストリーの修復工房を営み、川の水質は羊毛を洗い染めるのに適していました。川は糸のように何もかもを繋いでいました。
ルイーズの母は織物の修復をする職人でした。明るい日の光のしたで働く時、頭上には繊細なクモの巣が輝いていました。ルイーズも12歳から仕事を覚え始め欠けた部分の下絵を描きました。母からはあらゆることを教わりました。ルイーズの母は賢く我慢強く、クモのように働き者でした。
ルイーズの父は家を空けてばかりでした。父が旅から持ち帰る布の端切れを母が繋ぎ合わせました。失われ、欠けた部分をなおしました。やがて、ルイーズはパリに出て、川は埋め立てられ、母が亡くなります。打ちのめされたルイーズは、学んでいた数学をやめ美術をはじめます。
六本木ヒルズの巨大なクモの彫刻は、ルイーズ・ブルジョワの代表的な作品です。この絵本を読んだら彫刻を見上げてみてください。その大きさや内包しているもののの意味が様々に見えてくると思います。

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパケット

    追跡サービスがご利用いただけます。郵便受けに届きます。

    全国一律 300円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。